霊園を選ぶときにポイントとは

霊園を選ぶときにポイントとは

後悔しない霊園を選ぶために

お墓を持つということは、なかなか大変なことです。どこでも同じことではなく、それぞれに違いがあるからこそ、探すときにはポイントをおさえていかなければいけません。

最初に必要なのは、自分の宗教や宗派を理解することが必要です。ここがスタート地点になってくるのは、霊園によって宗派の違いがある場合があるからです。その違いとは、宗教宗派によって、受け入れてもらえるかどうかに違いがあります。そのため、まずは自分や埋葬する方がどんな宗教宗派なのかを知るというところが重要です。意外とわからないこともありますので、継承するのではなく新たに建てる場合には重要な要素になるでしょう。

霊園にもいくつかの種類が存在しますが、宗教宗派不問となっている場合には、問われることはありません。ほとんどの宗教宗派で利用することができます。無宗教という場合でも、不問ということが利用しやすい条件となってきます。在来仏教のみとしている場合には、昔からある仏教宗派なら問題がないということです。比較的新しい宗教の場合には、断られるケースがあることは理解しておく必要があります。天台宗や曹洞宗、浄土宗などであれば、問題になるようなことはありません。

もっと縛りがきつくなると、特定の宗派だけに限るといったかたちになってきます。この場合には、ほかの宗教宗派では、利用することができません。ただし、改宗するといったことであれば利用することができるため、すべての人に対して門戸が狭いというわけではないことを理解しておくべきです。

逆に仏教以外は大丈夫としていることもあります。キリスト教や日本に昔からある神道などが、典型例といっていいでしょう。他にも、新興宗教専用の霊園ということも出てくるため、範囲はかなり狭い方法と考えることができます。

どんな場所にある霊園か

選び方として考えた時に重要になってくるのが、立地条件です。どんなところにあるのかということになってきますが、お墓を作るということは、今現在の一瞬で終わることではありません。長い時間影響してくることになるでしょう。そこが重要なポイントで、立地条件はアクセスにつながっていきます。

お墓参りしやすい場所にあるのかということは、お墓ということで考えると、とても重要な意味があることです。現在元気であっても、将来もそうであるとは限りません。車に乗っていくことができるのも、今だけかもしれないということを考えておく必要があります。

立地条件ということでは、自宅からの距離ができるだけ近い方がいいでしょう。公共交通機関を利用することができるのか、バスで玄関先までいくことができるかといったことも関係してきます。

入り口だけではなく、実際にお墓参りに行くとして、徒歩でどこまでまわることができるのかということもあるでしょう。丘陵地帯にあって、お墓までどう考えてもつらい道のりになっていれば、将来的に問題が出てきます。徒歩でどこまでいくことができるのか、時間も含めよく考えておくことが必要です。実際に公共交通機関を使ってみて、どの程度の労力になるのか計ってみるということもやってみることが大切です。

価格をはじめ環境はどうなのか

どんな場所の霊園にするかが決まったら、次に考えていかなければいけないのが、価格の問題となります。予算を決めることにもつながっていきますが、墓石なども含めて考えていかなければいけません。お墓を作るということでは、永代使用料がかかりますが、あくまでも使用権を入手するということになります。購入するわけではないことは勘違いしないようにしなければいけません。さらに、管理費もかかることは忘れてはいけないでしょう。

予算に合うような場所を見つけたら、その場所の環境を考えていく必要があります。基本として外にある以上、自然環境の影響を受けることになるため、予測もしていかなければいけません。夏はどれぐらい日が当たるのか、冬は雪が積もるのか、凍ってしまうのかということを考えるべきでしょう。雨が降ったときに、水がたまりやすいかどうかも確認しておく必要があります。神経質に考えないようにすることも必要ではありますが、長い時間を過ごしていくことになるのですから、よく考えておくことに越したことはありません。風通しが良ければ、湿度が高くなり過ぎるようなことにもなりませんし、お手入れも楽になります。水はけの問題があると、カロート内にたまってしまうようなことも出てくるため、重要な要素です。

後々問題になってしまうのが、樹木ということです。近くに木があり、害虫が問題になってしまうことがあります。そうなると、当然負担が増えてしまうことになりますので、注意しなければいけません。葉っぱが落ちてしまったことで掃除が大変になってしまうことも考えておくといいでしょう。

設備も考えておくべき条件です。将来のことを考えて、休憩場があるところを希望するのであれば探して確認します。その分だけ価格が上がることも予想できますが、利用しやすい環境が重要ですので、考慮しておくことが必要です。

関連キーワード

関連記事