霊園の豆知識や選び方を知ろう

霊園の豆知識や選び方を知ろう

霊園の選び方で重要なこととは

これからお墓を建てたいと考えている人は、霊園の選び方について悩んでいることもあるでしょう。霊園は全国各地にありますし、それぞれの霊園はサービスや環境などが異なるため、すべて画一的ではありません。そのため、どこを選択するかは重要なポイントとなりますが、選ぶときにチェックしておきたい点にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。選び方として重要なポイントはいくつかあるため、ここではチェックしておきたいポイントを重点的に解説します。

まず1つ目は通いやすさです。例えば今は車があるから遠くてもいいと思っていても20年後、30年後には車に乗ることができず、電車やバスを利用するという場合もあります。選ぶときに車で通うのに不便がないかというポイントをチェックすることも大切ですが、将来的なことも考えなければなりません。例えば万が一車が使えなくなってしまった時のために駅から近いところかどうかをチェックしたり、バス停からの距離はどのくらいあるのか等もチェックしておくと、色々な手段でお墓参りをすることができます。また、家の近くに霊園があるという場合、設備などに不満がないようであれば家の近くのところを選択するという方法もあります。自分たちだけではなく親戚の方なども通うことが考えられるため、様々な方法でアクセスできるところを選ぶとよいでしょう。

2つ目に重要なことは設備です。それぞれの霊園で設置されている設備は異なります。よって、事前にしっかりとチェックをしておく必要があります。例えば過剰すぎる設備がないかどうかなどのチェックもしておきましょう。豪華な設備は維持費が高くなってしまうことがあり、比例して管理費が高くなってしまうこともあるため、過剰すぎる設備は避け、必要な設備があるかどうかをチェックしておきましょう。

お墓に関して言うと将来どのような管理体制になるのか、という点は非常に重要です。倒産してなくなってしまうことのない自治体や宗教法人が運営をしていますが、実際にきちんとお墓の状態を見て、永続的に管理をお任せしたいと思えるかどうか、という点も選ぶ際のポイントとすると良いでしょう。

霊園に設置する石碑の選び方について

霊園をどこにするか決めたら次に決めなければならないのが石碑の選び方です。昔はそれほど種類は多くありませんでしたが、現在は様々な石碑が存在しています。それぞれデザインも異なるので、ここでは石碑の選び方で知っておきたい種類について説明します。

まず1つ目は昔からある歴史の古い和風の墓石です。和形墓地といわれており、日本の中ではもっとも歴史の古い石碑です。江戸時代から使用されていると言われており、特徴としては蓮華加工やスリン加工、五輪塔など様々なデザインが存在しています。台石を何段か積み上げて作られているため洋風の石碑と比べても背が高く、色々な模様があるので高級感が出ているのも特徴的です。昔ながらの高級感がある石碑を選びたいと思っている人は和風の墓石を選択するといいでしょう。

2つ目は洋風、ヨーロッパをイメージしてできている洋型墓石です。和型墓石と比べると横幅が広く、高さが低くなっているのが特徴的です。高さが低くなっているので、手入れがしやすいのも特徴的です。和型のオーソドックスな形状と比較してより自由にデザインすることができ、竿石など基本は押さえたうえで形にバリエーションがあるため彫刻を入れるなどして個性を出すことも可能です。

その他にもオーダーメイドが可能な墓石が存在しています。例えば人によっては和型墓石やヨーロッパをイメージした墓石のようなデザインではなく、もっと個性的なデザインの墓石を手に入れたいと思っている方もいるでしょう。実際に霊園によっても異なりますが、基本的には墓石に制限はないところが多いので、自由にオーダーをすることも可能です。オーダーが可能な墓石を選択すればイメージにピッタリの墓石を作り上げることができます。

石碑を選ぶときには墓石の産地も考えた方がいいでしょう。日本で作られている墓石もあれば海外から輸入する墓石も選べます。それぞれ特徴も違うため、どのタイプの石碑を選ぶかも重要ですが、墓石の産地も長年お参りをし続けるために大事な部分です。

どこのコンサルタントに依頼をするか

霊園を選ぶときにはコンサルタントに依頼をすることも多いでしょうが、それぞれの地域によってコンサルタントも異なるのでこだわって選ばなくてはなりません。いくつかポイントを確認するとすれば、初めにそれぞれの霊園の資料をチェックすることができるかどうかを確認しましょう。霊園によってもサービスや雰囲気などは異なりますが、より細かくチェックするためには資料請求が大切です。コンサルタントによっては資料を準備してくれるところもあるので、細かな情報を自分で確認したいと思っている人は資料請求を行うと良いでしょう。

また、コンサルタントによっては霊園の最寄り駅まで無料送迎に対応しているところなどもあります。特に都心部などでは車の運転をあまりしないという方も多いでしょう。こういったときには最寄り駅までであっても送迎をしてもらうことができるという点は非常に魅力的です。各霊園の最寄り駅まで無料送迎できるかは事前にチェックしておくと手間はかかりません。コンサルタントを選ぶ際の基準にしてみるようにしましょう。

関連キーワード

関連記事