霊園の豆知識や東京で探す際のポイント

霊園の豆知識や東京で探す際のポイント

霊園選びで迷っている方へ

これから霊園の利用について検討している方はどこを選ぼうか迷うことがあるかと思いますが、選び方はこだわらないと後悔をする可能性もあるのでじっくりと検討した方が良いでしょう。では、選び方として参考にしておきたいポイントについての紹介をしていきます。

まず、霊園を選ぶ際には価格を見て検討しましょう。見ておくポイントとしては永代使用料の決まり方です。例えば、開発予定地の購入費用や駐車場や会館など施設が占める面積など色々な決まり方が存在しています。区画の面積などに応じて金額は異なるので、じっくりと価格について考えてから選ぶようにしましょう。また、管理費の決まり方についても予め把握しておくと良いでしょう。主に管理費は共有部分を維持するために使われる部分となっています。では、実際に管理費の決まり方としてはどのようになっているのか具体的に説明をすると、霊園管理に携わっている人数や会館設備などの規模、送迎バスなどのサービス、その他メンテナンス部分などが存在していますが、管理費の収入がないと維持していくことができなくなってしまいます。共有部分によって管理費は決まっているので、管理費について気になる方は決める前に確認をしておくと良いでしょう。

その他にも墓石の選び方も大切なポイントとなります。墓石の価格には基礎工事や石材の材料費と彫刻料、据え付け工事費など設置費用が含まれます。基本的に石材についてはこだわればこだわるほど高くなることがあるので、選ぶ際に後悔しないためにも墓石価格の決まり方についてもあらかじめ調べておくと良いでしょう。このように、霊園を選ぶ際には色々なポイントが存在しているので、今回説明したポイントなどをあらかじめ把握しておくと良いでしょう。

お墓の石碑の種類について

どの霊園にお墓を建てるか決まったら、次は石碑の種類について選ぶことになるかと思います。石碑の種類は大きく分けると三つあります。それぞれの特徴などを知っておくことで選ぶ際に迷うこともなくなるので、納得の石碑を選ぶためにも今回は種類について紹介します。

まず、1つ目は洋型墓石です。洋型とはどういった石碑のことを言うのかというとヨーロッパのお墓を基にして作られている墓石です。日本では昔はそれほど人気のなかった墓石になりますが、近年ではモダン風な墓石となっているので、選択する人たちも多くなっています。特徴としては横幅が広く、高さが低くなっており、昔からある日本の石碑にはない作り方となっています。

続いての石碑の種類は和型墓石です。これは江戸時代から受け継がれている日本を代表する墓石です。日本ならではの独特な作りとなっており、高さがあるので高級感が溢れる墓石です。昔からあるタイプになっているので、日本ならではの墓石を選択したいと思っている場合には和型墓石を選択すると良いでしょう。

その他にも石碑の種類としてはデザイン墓石が存在しています。その名の通りオーダーメイドをして作る方法になりますが、自分が理想としている墓石を作ることができます。例えば洋型墓石や和型墓石を見てデザイン面で気に入らないと思っている場合にはデザイン墓石を選ぶことで霊園に個性的な石碑を建てることができます。

出来る限り希望に添った墓石を選ぶためには、事前にどのようなものがあるかを確認しておくことが重要です。種類により与える印象も大きくことなりますので、それぞれの特徴をしっかりと把握しましょう。

東京で霊園を探す際のポイント

東京で霊園を探している方も多いと思いますが、実際に霊園を紹介しているところはたくさん存在しています。東京で探したいと思っている場合には紹介している企業の選び方が大切になるので、今回は選び方について紹介をしていきます。

まず、サポートサービスがあるかどうかを確認しましょう。例えばお墓についてあまりよくわからない人は専門的知識を持っている人に聞くことが一番手っ取り早い方法になりますが、紹介している企業によってはお墓のことについて色々分からない部分を教えてくれるところも存在しています。サポートをしてくれるところを選べば、もしもの時でも安心なので、サポートサービスがあるかどうかの確認はしておきましょう。

また、資料請求が可能かどうかも見ておきたいポイントになります。例えば資料請求をすることによって、霊園についての情報が詳しく載っているので、より具体的な情報を知ることができます。例えば霊園の種類は一種類だけではなく、大きく分けると3つの種類が存在していたり、霊園の特徴も異なるので、あまり知識がないという場合には資料請求をすると良いでしょう。

霊園を探す際のポイントについて少しだけ紹介しましたが、後々イメージと違ったということにならないためにも探し方は重要になります。後悔しないようにじっくりと検討すると良いでしょう。

東京の霊園一覧はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事