霊園の豆知識や京王線から行ける霊園の選び方

霊園の豆知識や京王線から行ける霊園の選び方

京王線からアクセスできる霊園の選び方

霊園を都心部で選びたいと思っている方も少なくありません。特に都心部に住んでいる人は周辺で探したいと思っている方がほとんどですが、その中でも都心部では電車を活用することが多いので、京王線を使って通うことができる霊園をお探しの方もいるでしょう。実際に京王線の付近にはいくつか霊園が存在していますが、選び方が重要となるため、ここでは選ぶときのポイントについて話します。

まず1つ目に大切なポイントとしては、バリアフリーに対応しているところかのチェックをしましょう。バリアフリーに対応しているところであれば、車椅子の方でも不自由がある方でも不便に思うことなく霊園に行くことができます。将来的に年を重ねた後のことを考えた場合にもバリアフリーに対応している方が安心です。そのため、事前にそういったことについてもチェックしておくと安心です。

続いて2つ目は休憩所を完備しているかということもチェックしましょう。霊園に訪れる機会は人それぞれ異なりますが、その中でもお墓参りなどは掃除をしたり、お参りをしたりとそれなりに時間もかかります。特に夏の時期は気温も高く休憩なしで行うのは大変です。こういった時に休憩所がしっかりと完備されていると安心できるため、安全にお墓参りなどを行うためにも休憩所が完備されているところを選ぶようにしましょう。

また3つ目は環境についても確認しておくといいです。例えば場所によっては日が一日のうちにあまり当たらないところも存在しています。日が当たらないと涼しいのではと感じる方もいますが、雨が降ると乾燥するまでに時間がかかります。また湿気が多くなるため、お墓の劣化も早まる可能性があるので注意しましょう。できる限り日がしっかりと差すところを選び、水はけなどもチェックしておくと選んでから後悔することが少なくなります。

さらに、4つ目は法事や法要についてもチェックしておくといいです。霊園によっては法事や法要などの対応の仕方も様々な形があります。なるべくきちんと対応してほしいと思っている人は、予めどのような対応をしているかのチェックをすることが大切です。このように、選び方として確認しておきたいことについて説明をしましたが、ある程度選び方の知識を身につけておいた方が納得の場所を選べるため、特に悩んでいる人は参考にするといいでしょう。

お墓の手入れについて

霊園を選んだらお墓を建てる人も多いですが、中にはお墓は建てたけどどのように手入れをしたらいいのかわからないという方もいるでしょう。業者に依頼すれば代行なども依頼できますが、何か問題がない限りは自分で手入れをした方がいいでしょう。ここでは、手入れについて悩んでいる方のためにも正しい手入れについて紹介します。

まず手入れとして初めにやることはお墓のある区画の清掃です。霊園によって異なりますが、木などがある場合は落ち葉があったり、雑草が生えてたりすることもあります。これらは全て掃除をするのが基本なので忘れずに行うようにしましょう。次に、区画の清掃が終わったら墓石の水洗いです。墓石の水洗いではスポンジなどを用意すると便利です。スポンジに水を含み、コケなどがついている場合は取り除くようにします。

水である程度流したら洗剤を使用して洗いましょう。しかし、専用の洗剤を使う方がいいので、塩素系や酸性系などシミや変色の原因になる洗剤は使用しないようにします。さらに、小物類を洗います。例えば花筒や線香皿などがあるかと思いますが、これらも中身を取り出して綺麗に洗うようにしましょう。最後にお墓の水を拭き取って完了です。水残りはコケなどの原因になります。濡らしたまま放置しないように注意する必要があります。

このように、手入れも重要になるので事前にわからない人はチェックしておくといいでしょう。

霊園の管理費について

霊園を選ぶときには管理費についても気になる方が多いのではないでしょうか。しかしそれぞれ霊園によって管理費は異なります。事前に調べた方が後悔しないため、ここでは管理費の決まり方について述べます。まず1つ目は管理に携わっている人数です。これは基本的に数が多ければ多い方が人件費がそれだけ高くなるため管理費も上がります。

次に2つ目は会館設備などの規模によっても管理費は異なります。例えば設備の維持にはどのくらいの費用がかかっているのか、光熱費はどのくらい必要かなどによって管理費は変わるため、事前に調べておくようにしましょう。

最後に3つ目は送迎バスのサービスの有無も確認しましょう。霊園は送迎バスがあるところとないところがあります。必要な場合は送迎サービスがあるところを選んだ方がいいですが、送迎の必要がない場合でなるべく費用を安く抑えたい人は送迎がない霊園を選ぶといいでしょう。このように、管理費の決まり方は色々あるため、予め問い合わせておくと後悔することも少なくなります。

関連キーワード

関連記事