霊園の種類や選び方について

霊園の種類や選び方について

霊園の種類や特徴について

お墓を立てようと思った場合には、霊園を利用するのが一般的ですが、実際に利用できるところは数多く存在しています。種類もさまざまあるため、選ぶ際に悩むこともあるかもしれませんが、今回はこれから購入を検討している方のために種類や特徴についてを紹介します。

まず、一つ目は公園墓地です。主に宗教法人や公営法人が経営主体となって運営されている墓地のことを指します。全国で見ても一番多い霊園であり、利用者も多いと言われています。特徴としては宗旨や宗派問わずに申し込みが可能なことです。墓地の中には限られた宗旨や宗派しか申し込みができないところも存在していますが、そのような縛りが基本的にないので、利用者も多いです。また、お墓を立てる際には石碑の制約が少ないので、イメージ通りのお墓を作ることができますし、オーダーメイドで個性的なお墓を作ることも可能です。

次に、二つ目として寺院墓地が挙げられます。その名の通り寺院の境内にあり、作るには寺院の檀家になることが条件になります。例えば法事や葬儀などは寺院で行うよう求められることが多くなっています。特徴としては住宅街にあることが多いので、比較的アクセスがしやすいのがメリットだと言われています。ただし、霊園の中には山の中にあるものもありますし、車が通れないようなところに設置されているところも存在しています。アクセスがしにくいところは高齢者になってからのことを考えると往来が大変になりますが、寺院墓地なら基本的に駐車場があることも多く、駅から近いところもあるので、将来的に見ても通いやすくなっています。また、寺院なので通常の企業ではありません。その為、経営基盤がしっかりとしているので、将来的にも安定している霊園となっています。

最後に公営墓地について紹介をしますが、これは地方自治体が運営している墓地になります。特徴としては管理体制がしっかりとしており、石材店の制約も少なくなっています。その為、自由に石材を選べるのは魅力的です。

このように、霊園の種類は大きく分けると3つ存在しています。

霊園の選び方について

霊園を利用する際には入りたいところを選ぶ必要がありますが、後悔をしないためには慎重に選んだ方が良いでしょう。そこで今回は失敗しない選び方について紹介します。

まず、管理費は選ぶ際に重要なポイントになります。全ての霊園が同じ管理費になるとは限らず、それぞれ利用料は変わります。例えば設備の規模に応じて維持費や光熱費が変わりますし、送迎バスなどがある場合などでも管理費は変わってきます。後悔しないためには管理費についてしっかりと説明を聞くようにしましょう。

続いてのポイントは、通いやすさです。例えば車を所持していない人が遠方にお墓を作っても通うことができないので意味がありません。お墓は一時的なものではなく、作ったら将来にわたって通い続けるものですので、できる限り通いやすさも検討しながら選ぶようにしましょう。

また、立地や環境も重要です。例えば場所によっては湿度が高いところもあります。木材などを使用する際には劣化が進むので、使用する材料によっては立地・環境なども考えた方が良いでしょう。

このように、選び方は人それぞれとは言っても、失敗したと思わないためにはこだわった方が良いでしょう。

霊園や墓石などを販売してくれる業者の選び方のコツについて

霊園や墓石の購入を検討されている方もいるのではないでしょうか。基本的に墓石などを購入する際には販売業者に注文をして購入することになります。販売業者はインターネットなどを調べると分かるように多くあるため、どの業者を選べば豊富なサービスが受けられるのか、自分に適している業者はどのように選べばいいのか、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。業者の選び方にはコツがあるので、それらを知っておくことは業者選びの際の参考になります。

まず挙げられる業者選びのコツは、サポートを積極的に行ってくれるかどうかです。墓石などを販売する業者の中には販売した後にサポートをしてくれないところもありますが、業者の中には販売だけでなく、管理業務なども行っているところもあります。そのような業者を選択すると丁寧にサポートを受けられるので購入した後に何か相談したいことが発生したとしても、対応してもらうことができる場合があります。業者によっては墓石だけでなく、葬儀や法事、相続などに関しても相談に乗ってもらうことができるところもあります。墓石以外のその他のことに関しても聞くことができるので、このような業者を選択すると充実したサポートを受けられます。

このように業者によっては様々なサポートを行っていて、お客様が安心して利用することができるように手助けをしてくれるところもあります。また、資料請求なども受け付けてくれるところもあるので、資料を見ながらゆっくりと墓石などを選ぶことができます。

関連キーワード

関連記事