霊園について知っておきたい情報や選び方について

霊園について知っておきたい情報や選び方について

霊園を選ぶ際には種類を把握しておくと便利

お墓を建てるとなるとはじめに霊園を選ぶことになりますが、3つの種類が存在しています。これらの特徴を理解しておくと、選び方で悩むことも少なくなるので、まずその種類と特徴について紹介します。

まず、1つ目として寺院墓地について説明します。寺院墓地は寺院の敷地内にお墓を建てることを言い、利用している方もたくさん存在しています。特徴としては住宅地に立地していることが多く、アクセスがしやすい環境となっているところです。例えば駅から近い場所や、車でもアクセスがしやすい場所など交通の便が良いところになっているので、長年通い続けることが可能な霊園となっています。また、経営基盤がしっかりとしているのも特徴の1つです。お墓は長い間通い続けることになるものですが、選ぶ際には経営基盤がしっかりとしているかどうかもポイントです。寺院墓地は簡単になくなったりすることはないので、安心感があるというのも大きな魅力です。

続いて2つ目に民営墓地の紹介をします。これは宗教法人や公益法人が経営の主体となって運営と管理をしているお墓のことを言い、一番利用者が多いのが民営墓地です。特徴としては基本的に宗派などの縛りがないので誰でも申し込める点です。霊園は場所によって制限などが有るところがありますが、民営墓地に関しては制限がないところが多いので、申し込みをすることで誰もがお墓を建てることができます。また、申し込みをする時には先着順で決めるのが一般的となっているので、申し込みが早ければ早いほど確実にお墓を建てることができます。民営墓地で気に入った霊園が見つかった場合にはなるべく早めの申し込みをすると良いでしょう。また、石碑の制約がないのも特徴となっており、好きなデザインのお墓を作ることができます。例えば今人気を集めている洋型墓石などはヨーロッパ式のお墓になりますが、こういったデザインのお墓を建てるということも可能です。このように、民営墓地は比較的制約などが少ないところになっているので、縛りがなく、自由にお墓を建てられるところを探している場合には民営墓地を選択すると良いでしょう。

最後に3つ目として挙げるのは公営墓地という霊園です。これは地方自治体が中心となって経営を行っている墓地になります。特徴としては石材店の制約がなく、どこに注文をしても問題がありません。知り合いのところで注文をしたいなどという場合には公営墓地を選択すると良いでしょう。また、地方自治体が運営しているので管理体制がしっかりとしているメリットもあります。

このように、3つの種類があるので、それぞれの特徴について把握しておくと選ぶ際に役立ちます。

石碑の選び方で迷っている場合は種類について把握しておこう

霊園を選ぶ際には石碑の選び方でも悩むことがあるかと思いますが、種類について把握していれば好みの墓石を選ぶことができます。選ぶ際に失敗しないようにするためには、種類についてあらかじめ調べておくと良いでしょう。

まず1つ目に挙げられる石碑の種類としては、日本で多くの人たちに選ばれている和型墓石があります。最近では色々なタイプがあるので和型墓石の人気がなくなりがちに思えますが、日本で受け継がれてきている伝統的な墓石になるので、今でも多くの人たちが選択しています。高さがあり、堂々としているので、高級感もあり魅力的な墓石です。

続いて2つ目に知っておきたいのが洋型墓石です。これはヨーロッパのお墓を基にして作られている墓石です。近年では昔からあるデザインよりも今風のデザインで作られている墓石が人気を集めており、高さが低いことが特徴的なので開放感があり、見る人に安定感と開放感を与えます。

最後に3つ目の種類にはデザイン墓石という石碑があります。これはオリジナルの墓石となり、業者に依頼することでイメージ通りの墓石を作ってもらえます。自由に石碑を作り上げたいと思っている場合にはデザイン墓石を選択すると良いでしょう。

以上で述べたように、一口に石碑と言ってもデザイン墓石を含めると実際には様々なものが考えられますので、こうした種類についても予め押さえておくといいでしょう。

石材は国内産と外国産のどちらを選ぶべきか

石材を選ぶときには大きく分けると国内産と外国産の2つが存在しており、石材についても選び方で悩む人が多いのではないでしょうか。その選び方の参考になるように、それぞれの特徴について紹介します。

まず、国内産の場合は耐久性に優れている特徴を持っており、例えば雨や風などちょっとしたことで破損したりすることはありません。また、日本ならではの環境に合わせて作られているので、安心感があるというメリットが存在しています。

外国産のものについては、全体的に柔らかい石になりますが、価格が安く、コストパフォーマンスに優れているのが魅力的です。価格を重点的に考えている場合には外国産を選択すると良いでしょう。

関連キーワード

関連記事