町田で墓地を探す際に知っておくべきことについて

町田で墓地を探す際に知っておくべきことについて

墓地の種類

町田にはたくさんの墓地があります。その中から選ぶ際には、どのような種類の墓地があるのかを知っておくことは大切です。まず公営のものがあります。こちらは都道府県や市区町村などが運営している霊園のことです。自治体が運営しているために永続性があり、安心感があります。料金については低く設定されていることが多いです。石材店についても自由に選ぶことができます。宗旨や宗派などについても特に制約はありません。ただし、募集は不定期に実施されており、当選しなければ購入できない場合もあります。区画は限定されており、墓の形や大きさなども指定されてしまうことがあり、申し込みをするためには条件を満たしている必要があります。

他には民間が運営しているものがあります。宗教法人や公益法人、財団法人、社団法人などから運営委託された民間企業が管理運営をしています。条件を気にしないで選ぶことができ、墓石のデザインや区画の場所や広さなどを自由に選ぶことができます。駐車場をはじめとして施設が充実しているところが多く、生前に購入することも可能です。石材店については担当する会社が決まっていることもあり、料金については一般的に公営よりも高くなっています。

また、寺院が直接管理運営しているものもあります。こちらは基本的に檀家専用となっています。境内や寺院の近くの土地に設置されていることが多いです。葬儀や法要などについては気軽に相談できるでしょう。永代供養をしてもらうこともできます。

このように様々な墓地があるため、これから墓を作るならば、どれを利用するのか選ばなければいけません。少子高齢化の時代であり、これからはますます墓地について考える機会が増えていくでしょう。

墓地・霊園の選び方

墓地や霊園はどのように選べば良いのでしょうか。まず気になるのは永代使用料でしょう。これは墓を建立する区画を永代にわたって使用できる権利を得るための費用のことで、その区画の面積に応じて高くなります。さまざまな要因によって決まりますが、安ければ良いというものではありません。高いところにはそれだけの理由がある場合があります。管理費も支払う必要がありますが、こちらは共有部分を維持するために必要となります。管理費を支払うことによって、きちんと管理をしてもらえるため、霊園が荒れずに済むというメリットがあります。

これらの費用だけに注目するのではなくて、実際に見学してみることは大切です。その際にはさまざまな点をチェックするようにしましょう。自宅からのアクセスのしやすさや駐車場の広さ、法事のできる会館の広さなどは調べておきましょう。緑地がどのくらいの割合で存在するのか、日当たりは良いのかといった点も確かめておくことをおすすめします。お年寄りが訪れることもあるため、車椅子でも問題なくお参りができるのかも重要なポイントです。参道は広い方がよいでしょう。

管理事務所員がどのような対応をしてくれるのかもチェックしましょう。葬儀や法事についての知識をきちんと持っているスタッフがいるならば安心できます。法事の手配をしてもらえるのどうか、どのようなサービスを用意しているのか確認することは大切です。

利用することになる石材店についてもチェックしましょう。販売員が親切な人なのか、石碑のデザインや種類が豊富に用意されているか、丁寧に相談に乗ってくれるかという点は大切です。以上の点をチェックすると、町田で自分の希望に合った墓地が見つかる可能性が高くなります。

アフターサービスについて

町田で墓地や霊園を探す際には、管理している会社がどのようなアフターサービスを用意しているのかもチェックしておきましょう。民間墓地であれば、さまざまなサービスを期待できます。たとえば葬儀を頼むことができるサービスがあります。もしもの時には電話一本ですべてをサポートしてもらえるのです。普段から葬儀について相談をしたり、事前見積もりをしてもらうこともできるでしょう。納骨や法要についてもしっかりとサポートしてくれます。

いつでも墓参りができるように管理事務所の方で対応してくれる霊園があります。そこで花や線香の販売が行われているところも多くあります。そのため、何も準備をしていなかなくても、霊園で必要なものをすぐにそろえられます。また、墓の清掃を頼んだり、墓参りの代行を頼めるサービスもあります。霊園を利用している人達のコミュニケーションの場が用意されていることもあります。いろいろな幸せを感じられるようなサポートを用意してくれるもので、このように霊園は墓地を建てるための場所を提供するだけではなくて、非常に幅広いサービスが用意されているところがあります。

どの霊園を利用するのか決める際には、アフターサービスの豊富さに注目してみるのも選択肢の一つです。葬儀相談会を開催していたり、保険や介護に関するセミナーを開催しているところもあります。さまざまな催し物を用意しているケースもあります。このようなアフターサービスを受けることによって、さらに便利に霊園を利用できるようになるでしょう。

関連キーワード

関連記事