田園都市線沿いでアクセスの良い霊園探し

田園都市線沿いでアクセスの良い霊園探し

利便性の高い田園都市線沿いで

渋谷から神奈川県の中央林間駅までをつないでいる路線が田園都市線です。利用者の多い路線ですが、以前は新玉川線と呼ばれていたことを知っている人が少なくなりました。通勤通学で利用している人が多いため、本数も多く、便利な路線であるといえます。人口の多い地域で利用される路線であり、さまざまな人が利用できる利便性の高さも特徴といえるでしょう。これは、霊園ということでも大きな影響を与えている部分です。霊園ということを考えると、どうしても利便性が重要になってきます。

欲しいと思ったときには、場所はどこでもと思うこともあるでしょう。必要に迫られているときにはなおさらですが、利便性ということを考えておかなければ、後で大変悔やむことになってしまいます。お墓を持つということは、長い期間を管理していかなければいけません。自分もどんどんと年をとってくることになります。もしかしたら、家族の方が管理をするかもしれませんが、その時の負担を考えてみるとわかるでしょう。

田園都市線のように、本数も多く利便性の高い路線の周りにあれば、お墓参りをするときにも便利です。交通の負担を考えることなくいくことができるようになるのであれば、越したことはないことは間違いありません。車で行けると思うかもしれませんが、いつまでも運転することができるわけではないことを考えれば、公共交通機関の重要性は高いといえるはずです。田園都市線にアクセスしやすい所に住んでいる場合には、余計に意識して考えてみるといいでしょう。それだけ便利な霊園があるからです。

寺院墓地もいろいろとある

田園都市線周辺の霊園を見てみると、いろいろなところが存在します。民営も公営もあり、バリエーション豊かといえるでしょう。公営ということでは、川崎市の霊園がありますが、人気が高くほとんど空きません。これは、都市圏全般的に言えることですが、募集枠が狭く抽選倍率が驚くほど高くなります。場所も限られているため、空きが出なければ募集すら出ません。ニーズということで見てみると、とても満足できる数があるとは言えないでしょう。公募の回数も少なくなってしまうため、現実的にはかなり厳しいといって間違いありません。

民間や寺院墓地となると、かなりの数を見ることができるようになります。実際にさまざまな路線がある地域のため、乗り換え一駅といったところでも数多く見つけることができるようになるのが、この地域の特徴です。利便性ということでは、駅で降りるとすぐに見えるような場所まであるのですから、活用しやすい地域であることは間違いありません。アクセスが良好で、雨の日でも困らないようなところが多くみられるため、将来的なことを考えても利用しやすくなることはたしかです。

寺院墓地の場合には、その宗派でなければ利用できないという条件が付きますが、その分手厚く供養もしてくれるようになります。檀家になることも条件として出てきますが、菩提寺を持つということは、その分だけ頼ることもできるということですので、活用していく幅が広がることも確かです。特に田園都市線では、さまざまな宗派の寺院墓地も見つけることができるため、希望に添ったところを選ぶこともできるでしょう。

実際にいって見学してみる

田園都市線沿いの民間の霊園は、かなりの数に上ります。さまざまなところがありますが、乗り換えをひとつしてみるだけでもっと多くの霊園を見つけることができるようになるでしょう。特に横浜高速鉄道こどもの国線に乗り換えると、駅の目の前に霊園がある駅があります。駅前からすぐにアクセスできるということを考えれば、乗り換えひとつという手間は、そこまで大きなものにはならないはずです。駅から歩くことを考えれば、乗り換えのほうが簡単に移動することができるでしょう。実際に青葉台駅などから市営バスが出ていることもありアクセスも良好になります。車でもアクセスはできますが、周辺の状況を考えると、ここまで鉄道の利便性が良ければ、公共機関のほうが便利になるでしょう。

こうした霊園を選ぶ場合には、実際に行ってみるのが一番です。見学することができるようになっていますし、申し込みをすると駅までお迎えが出ることもあります。どれぐらいのアクセスの良さなのか、手間はかかるのかを自分で知ることができれば、選ぶきっかけにもなります。地図だけを見ていてもわからないこともありますし、周辺の状況もわかるようになるからです。霊園選びは、今現在だけではなく、将来のことも考えて選んでいくことが大切です。

便利なところにすることで、負担も減らすことができ、お墓参りにくるときにも面倒になったりしないでしょう。そうなれば、廃れてしまうようなこともなく、家族が使っていくこともできるようになります。負担ということがとても重要になってきますので、アクセスということをよく考え選ぶことが大切です。

関連キーワード

関連記事