横浜市で霊園を考える場合にかかる費用は

横浜市で霊園を考える場合にかかる費用は

金額的に安いものではない横浜市の霊園

家族が亡くなったときには、横浜市でもお墓が必要になります。一族や継承したお墓があれば、問題もなく埋葬することができるでしょう。ところが、新しいお墓を作ろうと思うと、横浜市のような場所では見つけることが難しく、簡単に決めていくことはできなくなります。

霊園にお墓を建てるとしても、価格は安くはありません。さまざまな価格があり、適正も見にくかったりするのも問題点です。墓石だけではなく、工事費用も掛かりますし、使用料といったこともかかるようになります。土地自体の購入ということも考えることになりますが、実際には購入はしません。自分の土地とすることができるわけではありませんが、借りることによって所有しているかのような状態にすることができます。さらに永代供養に費用をかけることも出てきますので、かなりの金額になってしまうことも覚悟しなければいけません。

ローンを使って払っていくとしてもとても高額なものなので、負担は軽くはなりません。購入するようで借りるということになるため、不要になった場合の転売もできないところが問題です。こうしたことが積み重なっていくことも、霊園でお墓を作ることの難しさのひとつになっています。価格もよくわからないということが出てくるかもしれませんし、高額なのにもかかわらず一体何に支払っているのかもはっきりしないことが出てくるからです。

霊園の値段が高くなってしまう要因

横浜市でも霊園でお墓を作るときには、一体何を基準にしていくのかを決めておかなければいけません。立地ということが大きな条件になってくるということでは、宅地に似ている性格も持っています。駅などに近い位置にあり、利便性が高い場所になると、どうしても高額になる傾向が出るというところでも似ているでしょう。駐車場などの設備といったことでも価格が変わってくることになります。便利なことに越したことはないため、何かと便利になっているというところは価格が上がるのも当然といえる部分です。

近くに何があるのかも影響を与えてくる部分となります。住宅地で考えれば、スーパーや学校、病院があれば価格は上昇するでしょう。霊園に必要なものといえば、花屋や石材店が近くにあれば、利便性は高まります。休憩所といったものも同様ですので、価格を高めていく要因となっていくのですから、価格が上昇する要因として理解しやすい部分です。さらに周辺地価ということもかかわってくるでしょう。横浜市の条件を考えてみるとわかります。一般的な地価も高いため、霊園として利用する場合にも高額になるのは当然です。そのため、どんなところに求めるのかということも重要な要件になってきます。

それでも、どんなところでもいいというわけではありません。実際に訪れることが難しいような場所になれば、あとからどんどんと費用も掛かるでしょう。移動するのに問題が出てくるだけではなく、将来的にお墓参りに行くことも難しくなってしまうことも考えられます。今だけで考えるのではなく、将来的にどうなるのかということも含めて検討していくことが大切です。実際に清掃などの費用も出てきますし、維持管理費が必要になることもあります。運営形態によっても影響が出てくることも考えてかなければいけない点です。その場合には、永代供養をうまく活用するというのもひとつの方法です。

費用を分解して考える

実際に霊園でお墓を作るときの費用を考えてみることで、いったいどれぐらいかかるのかも見えてきます。いくつかに分けて考えることで、だいたいの価格帯を把握することができるようになるでしょう。

まず、墓地として使用するための費用が掛かります。利用料としての費用ということになるため、所有者は霊園の所有者ということになる点に注意が必要です。一般的には、一度支払いが済めば、永続的に利用できるようになっています。これが勘違いされやすい部分です。

お墓自体を作ることにも費用が掛かります。購入費用だけではなく、設置するための工事費もかかってくるため、すべて含めて考えていかなければいけません。墓石一式として計上されることもありますが、外柵など細かなものも出てくるため、一体何が含まれているのかを知らなければいけません。指定石材点がある場合には、相見積りなどで安くなることもないため、注意しておかなければいけないでしょう。

直接的な費用のほかに、霊園の管理費なども考えておかなければいけません。実際にさまざまな費用が発生することになりますが、どれだけの施設があるのかによっても変わってきます。

さらに永代使用料がかかることも出てきますので、考慮しておかなければいけません。実際に民営霊園は自由度も高く、利用しやすいことは間違いありません。ですが、費用がいろいろと発生しますので、こうした要因から計算して予測していくといいでしょう。

関連キーワード

関連記事