横浜で霊園を探す際のポイントについて

横浜で霊園を探す際のポイントについて

失敗しない霊園の選び方

横浜には、さまざまな種類の霊園が存在しているので、選ぶ際にどれにするか悩む人もいるのではないでしょうか。実際にお墓を建てたら、長年は使用していくものとなっているので、選び方は重要なポイントになります。

選ぶときに後悔のしないポイントとしては、霊園の種類をしっかりと理解しておくことです。種類について何も知らないと、思い通りのお墓が建てられないということになる可能性もあるので、選ぶ前にはしっかりと理解しておきましょう。

では、実際にどのような種類があるのかということですが、多くの人たちが利用しているのが公園墓地と呼ばれている民営墓地です。これは、主に法人が運営している墓地になり、霊園の中でも数多く存在しているので、利用しやすくなっています。

利用しやすい理由としては、例えば、遺骨がなくても申し込むことができたり、先着順で申し込めるなどという仕組みになっているので、亡くなった方のために建てる以外にも、ご先祖さまにお参りをするために建てること可能です。また、先着順になっているので、早く申し込むことによって、誰でもお墓を建てることが可能になります。

その他にも、石碑の制約がない所が多くなっているので、例えば日本で多く使用されている和型墓石以外にも、デザイン墓石などオーダーメイドをして自由に作ることも可能になります。基本的にあまり縛りがないので、人気を集めています。

続いての種類としては、寺院墓地と呼ばれている民営墓地ですが、これはその名の通り寺院が管理と運営を行っている墓地になります。基本的に、寺院を利用する際には、法事や葬儀を執り行うなどの条件がある場合もありますが、申し込みはしやすい環境となっています。

特徴としては、アクセスがしやすい立地にあることです。例えば、横浜には電車やバスなど公共交通機関が充実していますが、駅から近い場所に立地しているなど、交通の便が良くなっているので、車を持っていない人や、高齢者の方などでも気軽にお参りをしに行くことができます。

また、経営基盤もしっかりとしているのが特徴になるので、お墓の移動をしたり、なくなるということはありません。

その他にも種類としては、都立霊園や市営霊園と呼ばれている公営墓地が存在しており、これは県や市が運営している霊園になります。3つの種類の中でも管理体制がしっかりとしており、墓地がなくなることがないので安心できます。しかし、公営墓地は誰しもが入ることができない墓地となっており、基本的には抽選で決められることがほとんどです。そのため、抽選で選ばれない場合は、お墓を建てることができない事もあります。

このように、それぞれ3つの種類が存在しており、特徴も異なります。選び方で悩んでいる場合には、種類と特徴を理解してから選択すると良いでしょう。

石碑を選ぶ際のポイント

霊園に申し込みをしたら、石碑についても考えることになりますが、大きく分けると種類は3つ存在しています。

お墓は一生ものとして建てることが多いので、後悔をしないためにも、種類を知っておくことが大切になります。

では、実際にどのような種類が存在しているのかということですが、1つ目は和型墓石です。これは、日本の中でも歴史が一番古いと言われている石碑で、江戸時代から使われています。昔から受け継がれている伝統的な形となっているので、現代でも和型墓石を選択する人が多くなっています。高級感がある石碑となっているので、魅力的です。

続いて2つ目は、洋型墓石と呼ばれている石碑ですが、近年では石碑に限らずモダンなものが人気を集めています。お墓もモダンなものが近年では人気を集めており、洋型墓石はヨーロッパのお墓を基にして作られている墓石になります。横幅が広く、日本にはあまりないスタイルになるので、近年では選択する人が増えてきています。

その他にも、デザイン墓石が存在しており、理想の形に仕上げたいと思っている場合には、選択することで世界に一つしかない墓石を作り上げることができます。

このように、石碑と言っても大きく分けると3つ存在しているので、選ぶ際には3つの特徴について理解しておくと、イメージと違うということになることはありません。後悔しないためにも、今回説明したことを参考にすると良いでしょう。

石材の種類について

横浜で霊園の申し込みを行った後は、墓石について選ぶことになりますが、その際に石材の種類で悩むという人も多いのではないでしょうか。

種類は国内産と外国産の2種類が存在しているので、それぞれのメリットを紹介していきます。まず、国内産ですが、長年使用するお墓にはピッタリの石材となっており、雨や雪、風などを受けても、耐久性に優れているので壊れるということはありません。続いて外国産ですが、基本的に石材の中でも低価格で販売されており、安く抑えたいと思っている方には理想の石材です。このように、2種類の石材があるのでメリットについてを理解しておくと良いでしょう。

横浜の霊園一覧はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事