東京都で霊園を探す場合の総合的なポイント

東京都で霊園を探す場合の総合的なポイント

東京都の霊園の管理費のポイント

東京都は日本の首都であり、最も多くの人口が密集している場所でもあります。世界的にみてもこれほどまでに高い人口密集を起こしている地域と言うのは珍しく、それによって土地価格の高騰などの問題が発生しているのは知っての通りです。そんな東京都において、特に料金面において注意しておかなければならないことに、霊園選びがあります。ここでは、霊園を選ぶ際に注意しなければならないポイントとしてどのようなものがあるのかについて紹介します。

霊園を選ぶ際のポイントとなることとして、料金の一つである管理費がどのように設定されているのか、という部分を挙げることができます。お墓などを管理するためにかかる費用を総合的に管理費と言いますが、その内訳についても見ておき、どのような価格設定がされており、それが妥当であるのかどうかをチェックする必要があるでしょう。例えば管理費に含まれている費用の一つとしては、管理に関わる人に対する人件費を挙げることができます。広さやお墓の数に対して十分な人員が動員されているかどうかをチェックすることが重要になるでしょう。この部分が不十分であると、お墓が荒れることにもつながってしまいます。

さらに、会館などの設備がどの程度の規模で行われているのかについてもチェックしておくべきポイントの一つです。これらの施設がどの程度利用できるものであるのかは、お墓自体の利便性を左右することになります。十分な設備がないと、その後のお墓参りの際に不便を生じさせることにつながってしまうでしょう。この他にも、送迎バスなどのサービスがあるのかどうか、植栽や参道などのメンテナンスがどの程度の頻度で行われているのかなどによって管理費が変化します。

東京都の霊園の永代使用料のポイント

東京都において霊園を探す場合、その料金について考えるべき大きなポイントとなっているのが永代使用料というものです。これは、予算に合わせて考えなければならないものでもあります。この料金の設定は申し込み区画の面積に応じて決定されるようになっており、霊園の使用者間に於(お)いて不公平にならないような設定が行われているのが一般的です。それでは、実際にこの永代使用料というのはどのような部分において左右されているのでしょうか。

まずポイントとして挙げられるのが、開発予定地の購入費用です。これについてはそのまま不動産価値が転化されるものと考えると良いでしょう。特に東京都における霊園についてはこれが大きなポイントとなっています。そもそもの地価が高い場所であることが多く、設置に必要となる料金が高額になってしまいやすいためです。郊外に設置されている場合については土地価格が安いことによって安価になりやすく、逆に都心や交通アクセスが良好な場所に設置されている場合については高価になりやすいという特徴があります。基本的に使用しやすい場所にあるものは高額であると考えると分かりやすいでしょう。

次に料金を左右するポイントとなっているのが、駐車場などの施設がどの程度の面積を占めているのか、という部分です。これらの施設というのは管理に費用がかかるものであり、墓地として設置されている部分よりも料金を左右しやすくなります。また、利便性をも大きく左右するポイントであるため、こちらについてもやはり細かく考える必要があるでしょう。

東京都の霊園の総合的な評価ポイント

東京都での霊園の料金を左右することになるポイントは、土地や会館の面積だけではありません。その他の設備がどのようになっているのか、あるいはどのような工事が行われているのかによっても価格が変動することになります。

例えば東京都においては特に注意しておきたいのが、緑地面積や植樹の本数がどのようになっているのかということです。都会であることもあり、これらについては他の地域にくらべて広く取りにくい傾向があります。しかし、やはりお墓のある環境であることを考えると、ある程度以上の面積や数が確保されていることは重要な要素の一つでもあります。広く、多くなるほど価格は高くなりやすいものではありますが、その後も長く使用されるものであることを考えてバランスをとるのが良いでしょう。

さらに、特にこの地域においては時期によっては多くの人が参拝に訪れるということも考慮に入れておく必要があります。駐車場だけではなく、参道の数や広さがどのように設定されているのかについてもチェックしておくべきポイントの一つとなるでしょう。人とすれ違えないような狭さや参道の数ではやはり利用に不便が生じることになってしまいます。安心して利用できるような設備となっているのかをチェックしておきましょう。

この他にも、墓石がどのようなものであるか、というような点もチェックしておきたい部分の一つとなっています。使われている石材の種類や、生産地などによっても価格には違いがあります。また、作り自体によっても当然価格の差が生じることになります。このように考慮しなければならない項目はたくさんあるので、総合的な評価が必要です。

関連キーワード

関連記事