東京都で霊園をお探しの方へ

東京都で霊園をお探しの方へ

東京都で霊園を選ぶ際のポイント

東京都には霊園が複数存在しており、これからお墓を建てたいと持っている方もいるでしょう。お墓を建てたい場合は申し込みをすれば建てることができますが、どこの霊園にするかは慎重に決めなければなりません。ここでは選び方のポイントについて詳しく知らない方のためにも話します。

まず1つ目に確認したいことは宗旨・宗派の確認です。基本的に霊園の場合は宗旨・宗派を問わないというところが増えていますが、全てではないので万が一のことも考えてまずは確認しておきたいポイントです。実際に仏教以外の宗教や新興宗教などでは建てられないこともあるので注意をしておきましょう。続いて2つ目に重要なのが管理体制です。毎日のようにお墓の状態を見に来ることができれば問題ありませんが、中には月に一度しか来ることができなかったり、年に数回しか来ることができない人もいます。こういった状況でも安心して預けるためには管理体制がしっかりとしているところを探すのが重要です。例えば定期的に見回りを実施してくれているかの確認や、清掃をきちんとしてくれているかなど管理体制をチェックしておきましょう。管理体制で快適さも変わるので重視したいポイントです。続いて3つ目に大切なのが設備です。特に霊園はさまざまな設備が整えられているのが特徴的です。しかし、場所によって変わるので事前にチェックをしておかなければなりません。例えば駐車場が完備されているか、法要設備があるか、休憩室が完備されているかなどできる限り設備環境が整っているところを選んだ方が後悔はしません。また4つ目は価格についても確認をしたい部分です。価格は基本的に大きな差はないだろうと思っている人もいますが、実際には永代使用料や管理費は霊園によって異なります。特に永代供養料は立地や利便性、設備などから考えられて決めます。例えばアクセスがよく都心部に近ければ近いほど相場は高くなる傾向です。お墓は長年参ることになるのでできる限り負担にならない場所を選ぶようにするといいでしょう。その他にも5つ目は見学をすることです。霊園選びは実際に見学をせずに決めるというのはあまりいい選択ではありません。実際に見てみないとわからないことも多数あるので見学は忘れずに行いましょう。

このように、ここでは選ぶときのポイントについて5つ紹介をしましたが、どれも大切なことなのでこれから東京都で霊園を選ぼうと思っている人は少しでも参考にしていただけると幸いです。

霊園のお墓のお手入れ

初めて霊園にお墓を購入した人の中にはお墓のお掃除の仕方を知らない人も少なくありません。お墓は当然長く維持しなければならないため、定期的にお手入れをすることが求められます。例えばお手入れをする時は区画のお手入れを行います。自分が所有する区画には落ち葉が落ちていたり、雑草が生えることがあります。特に夏の時期においては雑草が生えやすくなります。雑草が生えていると見栄えなどが悪くなるため取り除きます。

墓石を水洗いすることも求められます。墓石を水洗いする時はスポンジなどを使用して、それに水を含ませます。また、墓石には汚れだけでなく苔などが付いていることもあるので、苔がある時にはそれを取り除きます。また、しっかりと洗いたい人の中には洗剤で洗う人もいますが、石材用の洗剤があれば可能です。しかし、洗剤に含まれる成分が塩素系、酸性系の場合、変色などの危険性があります。また、それ以外の洗剤でもダメージを与える可能性があるので、霊園の管理人にお伺いして適切に洗剤で洗うようにしましょう。

お手入れをする際には小物も洗います。基本的にお墓では線香を立てる機会があるため、線香皿などを区画に設ける人は少なくありません。また、お花をお供えする機会もあるので、お花を入れる筒も準備されているお墓が多いです。このような小物には泥などが付着することもあるので水洗いをしてそれらを取り除きます。お手入れをする際には道具などを持参することで手間を少なくできます。

改装について

改装を検討している人もいるでしょう。改装は簡単に言えばお墓のお引っ越しになります。例えば引っ越しをしてお墓が建っている霊園が自宅から遠い場所になってしまったので、自宅から近いところを選択して改装する人もいます。また、宗教を改めたご家庭ではその宗教に合った霊園を選択するために改装する人もいます。改装をすることでお墓に通いやすい環境を作ることができたり、宗教に合った霊園でお墓を建てることができます。実際に改装に対応してくれる霊園も多く存在しています。では実際に改装にはどのような費用が必要になるのでしょうか。

例えば必要な費用には永代使用料や墓石建立費用や、既存のお墓の撤去費用になります。改装について詳しい内容を知りたい人は移転先の管理人に相談をしてみてはいかがでしょうか。現在ではホームページなどでも問い合わせをすることができるところもあります。また、選び方に迷われている人は資料請求などをしてその資料を参考にしましょう。

関連キーワード

関連記事