後悔のない霊園の探し方はチェックポイントを知ることが必要

後悔のない霊園の探し方はチェックポイントを知ることが必要

霊園と墓地との違いは

先祖代々のお墓がある人は家族が亡くなった時にはそのお墓に遺骨を入れることになりますが、お墓がない人は新しくお墓を建てる必要があります。また、最近では地方から都会に出て働く人も増え、中には地元にあるお墓の管理やお墓参りが大変と感じている人も多く、地元にあるお墓を墓じまいして、近くに新しくお墓を建てる人が増えてきています。その他にも、人と同じようにペットを供養したいとお墓を建てる人もいます。

このように、さまざまな事情により新しくお墓を建てるのですが、この時にはお墓を建てる場所を探す必要があります。一般的にお墓を建てる場所を墓地や霊園といった呼び方をします。一般的に墓地と呼ばれる場所は、寺院にあるものを指します。そして、この寺院にある墓地以外のものを霊園と呼びます。同じお墓がある場所なのに何故呼び方に違いがあるのか、何か大きな違いがあるのかと思う人もいるでしょう。この違いには制度が違いの一つとして挙げられます。お寺にある墓地を利用するためには、そのお寺の檀家になる必要があります。檀家になることでお寺から手厚い供養であったり、お墓の管理もしてもらえます。しかし、入檀料であったり、お寺を改修する場合にはその費用をお布施として支払う必要も出てきます。

霊園には公営と民営がありますがどちらも檀家制度はなく、宗教なども関係なく利用することができます。公営は民営に比べ管理費が安いのがメリットですが、人気があるため抽選となるケースもあります。民営は公営に比べると費用は高い傾向にありますが、いつでも申し込みができますし、駐車場が広いなど利用しやすいのがメリットです。後悔しない探し方では、寺院にある墓地との違い、民営や公営を利用するメリットなどをよく考えてから探すことが大切です。

民営と公営どちらを選ぶ

民営と公営どちらを選ぶかは、まずそれぞれのメリットとデメリットをよく理解しておく必要があります。そのうえで自分に合った方を選ぶようにしましょう。このことを確認しておかないと、なかなか良いところを見つけることができなかったり、後々他の方が良かったと後悔することにもなります。また、自分が何を求めているかをよく考えることも大切です。急に家族が亡くなり、お墓もない場合にはすぐに見つける必要があるでしょう。この場合では、公営よりも民間がおすすめです。公営はいつでも申し込めるわけではありません。各霊園で募集期限があり、この期間内に申し込みをする必要がありますし、申し込みをしたとしても抽選となるケースが多く、確実に利用できるわけではありません。民間であればいつでも申し込みをすることができ、短期間でお墓を建てることも可能です。

先祖代々のお墓が遠方にあり、お墓の管理がしやすい近くにお墓の引越しをしたいといったケースでは、費用と利便性で比較すると良いでしょう。一般的には公営が安く、ゆっくりと探したい、できるだけ費用は抑えたいといった場合には、時間をかけてでも公営の中から探す方が良いでしょう。いくら費用が安くても、利便性が悪いのでは後悔することもあります。費用と利便性を考慮したうえで、公営と民営どちらを選ぶのかを決めましょう。

ペットのお墓は、民営でも公営でも対応しているところは多いです。ただ、サービスに違いがあります。民営の中には、自宅までお出迎えをしてくれ火葬したのち、葬儀をしてお墓を建てることもできます。民営では人と同じようにペットを供養ができるサービスを提供しています。このように、状況によってそれぞれにメリットがあります。自分にとってどのような霊園が必要なのかをよく考えて、効率よく霊園探しをしましょう。

チェックポイントとは

霊園選びをするときには、チェックポイントを知っておくことでネットでも簡単に探すことが可能です。多くの人が費用だけを確認した選び方をするのですが、それだけでは実際に利用してみると不便さを感じることがあります。このようなことが起こらないように、チェックすべき点をよく確認して探すことが大切です。

まずチェックしたいのがアクセスです。お墓参りをするのは年に数回ですが、お墓参りをするタイミングはみんな同じなので、この時期はとても混雑することになります。駐車場がないところでは近くの道路には多くの車が止められていることが多いため、お墓参りをするのが大変です。車を利用するのなら駐車場があることがポイントになります。駐車場完備であっても、数台しか駐車できないのではあまり意味がありません。大型駐車場が完備されたところを選ぶと良いでしょう。

電車を利用する人は駅から徒歩でどのくらいなのか、駅からのバスはどのくらいの本数があるのかをチェックしましょう。また、この場合では設備のチェックも必要です。霊園によっては水桶などを用意してあるところがあります。このようなところなら、立ち寄る際の荷物も最小限に抑えることができます。その他にも、お墓の環境もポイントです。周りに樹木などが植えてあると、落ち葉などによって掃除が大変になることがあります。

後悔しない探し方として、今の状況だけを想定するのではなく年齢を重ねても利用しやすいかを考える必要があります。若い頃は苦にならなくても、年齢を重ねることでほんの少し歩くだけでも疲れてしまいます。そのため、アクセスの良さやお墓参りをしやすいサービスが提供されているかはとても重要なポイントです。このように、後悔しないための探し方ではいくつかのチェックポイントがあります。しっかりチェックして、良い霊園を選びましょう。

関連キーワード

関連記事