墓の豆知識と値段について

墓の豆知識と値段について

霊園を選ぶときに知っておきたいポイント

お墓を建てる時にはどこの霊園を選択するのか決める必要がありますが、実際にそれぞれの地域には数多くの種類が存在しています。また、人それぞれ選ぶときには条件が異なる場合があるので、後悔しないためにもじっくりと考えた方が良いでしょう。しかし、選ぶときにはどのようなポイントを重点的に見たらいいのか分からないという人もいるので、今回はこれからお墓を建てたいと思っている人たちのために選ぶときのポイントについて紹介していきます。

まず、1つ目のポイントとしては立地条件を確認することです。例えばそれぞれの霊園によって環境は異なりますが、中には車がないと通うことができない霊園もあれば、駅から近い交通の便が良い霊園も存在しています。それぞれ立地条件が異なるので、長い目で見てどこを選んだ方が通いやすいのかという点も見ておくと良いでしょう。

2つ目は霊園の雰囲気です。例えばカビやコケなどあまり手入れがされていない霊園は雰囲気もあまりよくないですし、できる限り避けようと思う人が多いのではないでしょうか。実際にコケやカビが多く生えているところは劣化が進んでおり、手入れなどがあまりされていない墓地になります。選んだあとに移動するとなると手続きなども大変になるので、後悔しないためにも雰囲気や霊園のデザインなどは好みの場所を選ぶようにすると良いでしょう。

3つ目は付帯設備についても確認しておきたいポイントとなります。実際に霊園によって付帯設備が異なりますが、例えば駐車場が完備されていたり、トイレがあったり、休憩をするスペースがあるなどの付帯設備があるので、霊園を決める際にはお墓参りをするにあたって必要になる付帯設備があるところを選ぶようにすると良いでしょう。

4つ目はバリアフリーに対応しているかどうかです。霊園と言っても色々な種類が存在しており、中にはバリアフリーなどの対応がされていないところも存在しています。特に若い人は霊園を選ぶときにバリアフリーについて考える人は少ないと思いますが、基本的には長年霊園に通うことになるので、高齢者になった時のことも考えてバリアフリーの対応については見ておくと良いでしょう。

5つ目は周辺環境の確認が大切になります。例えば治安があまりよくないところに建てられていると不安に感じることもあるのではないでしょうか。霊園が良くても周辺の環境が悪い場合は後悔をする可能性も高くなるので、後悔をしないためにも霊園の周辺の確認は忘れずに行うようにしましょう。

このように、選ぶときには大切なポイントがいくつか存在しているので、失敗しないためにも説明したポイントは確認してから選ぶようにすると良いでしょう。

お墓の石碑を選ぶときのポイント

霊園を選んだあとは石碑の選択もすることになるかと思いますが、大きく分けると3つの種類が存在しています。好みの石碑を選ぶためにも種類については事前に確認をしておいた方が良いので今回は種類についての紹介をしていきます。

まず、1つ目は和型墓石と呼ばれている石碑ですが、これは江戸時代からある伝統的な石碑になります。日本では主に和型墓石が使われていることが多く、高級感もあるので今でも多くの人たちが選択している石碑となっています。

2つ目は洋型墓石と呼ばれているタイプですが、これはヨーロッパから伝わっている石碑で、和型とは違って横幅が広く、高さが低くなっていることが特徴的です。近年ではモダンタイプも人気を集めてきているので、今風なデザインを求めている人は洋型タイプの選択を検討すると良いでしょう。

その他にも3つ目はデザイン墓石と呼ばれているタイプですが、これは簡単に説明をするとオーダーメイドで作成をするタイプとなっています。世界に一つだけの個性的なものを作りたいと思っている人は選択について検討すると良いでしょう。

このように、大きく分けると3つのタイプが存在しているので、これから選ぼうと思っている人は種類について事前に調べておくと良いでしょう。

お墓の値段について

お墓を建てるとなるとそれなりに費用が必要になります。しかし、費用と言ってもそれぞれの霊園や石材などによっても価格は異なります。値段について知りたいと思っている方も多いと思うので、今回は値段についての紹介をしていきます。

まず、場所によっても異なりますが、例えば横浜などの場合は総額で数百万ほど必要になる場合が多いです。これは石材などが関係していますが、値段を抑えたいと思っている人は永代使用料についても事前に確認しておくと良いでしょう。

お墓の石材の値段が同じでも永代使用料が異なればトータルの費用も変わってきます。後悔をしないためにも永代使用料についての確認も忘れずに行うと良いでしょう。このように、値段もそれぞれ異なるので後悔をしたくないと思っている人は今回説明したことを参考にすると良いでしょう。

関連キーワード

関連記事