共同墓地を購入する時には相場を知っておくと便利

共同墓地を購入する時には相場を知っておくと便利

共同墓地を利用する時に知っておきたい事

近年では埋葬方法やお墓の形など、埋葬に関するさまざまな事で個人の自分らしさが尊重されるようになり、さまざまな埋葬方法が考えられています。自然葬や共同墓地での合同葬など、従来の方法とは違った埋葬方法が選ばれるようになっており、故人の希望に沿った埋葬ができるようになっている近年では、自分の死後の埋葬について考える選択肢が増えています。ですがそういった埋葬方法には費用がかかりますから、どのような埋葬方法を選ぶのか考えるためには、埋葬方法の相場を知っておく必要があります。相場を知らないとどのくらいの費用を用意すればいいかわからず、希望する埋葬方法を選んでも費用が足りずにその方法が選べないという事もありますので、知っておくべき知識となります。

お墓そのものの購入や、永代供養権などの費用は決して安いものではありません。どのくらいの費用がかかるのかを知らずに用意しようとすると、思わぬ出費になってしまったり費用が足りずに直前になって別の物を探す必要が出てくるなど、さまざまな問題が出てきてしまいます。

故人の希望に沿ったお墓を用意してあげたいという方にとって、やはり慌ただしく見つけるのではなく、しっかりと希望に沿ったお墓や埋葬方法を選んであげたいというのは大きな基準になってきます。そのためにもどのくらいの費用が必要なのかを把握し、その費用の中でなるべく希望に添えるお墓を見つけてあげるというのは、とても重要な事ではないでしょうか。事前にきちんと調べておくことが大切です。

共同墓地の相場を調べるためには

共同墓地の相場を調べる時には、インターネットで複数の霊園のホームページなどを見て、その価格を比較してみると良いでしょう。霊園や寺院によって必要となる費用は変わってきますが、その価格が極端に高かったり低くなるという事は少ないので、複数の霊園や寺院の価格を比較する事でだいたいの相場を知る事が可能となります。また、比較する事によって極端に高い、低いという霊園や寺院を見つける事もでき、そういった費用の上下による選択もしやすくなるので費用を比較してみるというのは、相場を知るだけでなくどこを利用するかを考えるためにも役立ちます。

インターネットがおすすめされる理由としては、やはり全国の情報を集める事ができるという点です。全国の寺院や霊園の情報を見る事で、必要となる費用の平均値がより正確になりますし、それぞれの寺院や霊園ごとの特徴も知る事ができるため、どこに依頼するかを判断しやすくなります。それぞれの霊園や寺院ごとに立地やお墓のデザインへの対応は違います。故人の希望に沿ったデザインの墓石を用意できるのか、立地はお墓詣りをしやすい立地になっているのかどうかなど、お墓の価格だけでなくそれ以外の部分にも注目して調べるようにしておくと、相場以外の情報も増えて価格が適正かどうかを考える材料にもなってくれます。

共同墓地を利用する前に、その価格の相場を調べておく事は非常に重要です。そしてそのためにはインターネットを利用して複数の霊園や寺院の価格を比較してみる事がおすすめです。全国の情報を知っておく事でどこを利用するかを判断するための材料も増えますし、より正確な価格情報を得る事ができますから、判断のための材料としては非常に重要な情報となるでしょう。

お墓選びで失敗しないためには

共同墓地などの永代供養を選ぶ時のポイントとしては、まず埋葬する予定の人数と一人当たりの使用料金がどのくらいになっているのかという点です。共同墓地などを専用としている永代供養の場合、価格は一人当たりの値段となっていますから、複数人埋葬する場合はその人数分の値段が必要となります。ですから人数が多い場合は普通のお墓を建てた方が安く済んだ、という場合も考えられます。一般的な永代供養墓の場合、普通のお墓よりも納骨スペースが狭くなっている場合も多く、購入した後で納骨しきれないという事にならないよう、収容できるスペースがどのくらいの大きさなのかも確認しておきます。

もう一つチェックしておきたいポイントとして、供養の頻度や宗派がどうなっているのかという点です。霊園や寺院によって永代供養の頻度が違い、毎日ご住職が読経をしてくれるところもあれば、お彼岸やお盆といった決められた時にだけ合同供養を行うなど、大きな違いがあります。頻度によって多少の価格の違いがある場合もあるため、頻度の確認は重要となってきます。

そして宗派のチェックはとても重要で、霊園・寺院によっては特定の宗派以外は埋葬できなくなってしまう場合もありますし、故人の宗派に合わせた供養を希望しているという場合は、特に気を付けなくてはいけません。宗派の確認などは問い合わせをすれば簡単に確認できますし、ホームページなどでも明記されていることが多い部分ですので、きちんと確認してから利用するかどうかを考えましょう。また、お墓の価格についても確認が重要で、相場から大きく離れている場合は避けた方が無難ですが、維持費などが含まれているかどうかの確認もしておいた方が良いでしょう。永代供養墓の場合購入時に維持費も含めたすべての費用を支払うケースもあるため、維持費が含まれているかどうか確認しておくとより安心して支払いをする事ができます。

関連キーワード

関連記事