さまざまな事情が絡んでくる東京都の霊園

さまざまな事情が絡んでくる東京都の霊園

菩提寺と檀家制度の背景

人間は、いつかお墓にお世話になることになるでしょう。亡くなってしまうことになるのですから、だれも逃れることはできません。その時に、どこに墓を構えるのかということが重要になってきます。霊園という選択もその中のひとつです。昔のことではありますが、本来は自分で探すものではなく、亡くなった後には代々の墓に入りました。そのため、自分で探して用意するという必要はなかったのが、だんだんとこうしたかたちから離れていき、自分たちの代で探すようになっていったのが今の状態です。

特に東京都では、地元という人よりも、地方から出てくる人も多くなるため、地元の墓を使うということよりも、新たな場所を求めるということのほうが多くなりました。自分が亡くなったときには、入る墓を用意しておかなければならないことも増えたといえるでしょう。檀家制度が廃れてきたということもあります。今までは、菩提寺が存在し、そこに墓を持っていました。しかし、特定の寺院との関係を持たなくなり、宗教的な色合いも薄れてきたことから、檀家にならないということも増えています。別の霊園に墓を作ることになるというのも、こうした事情があるからです。

実際に檀家制度を継承すると、代々の墓を継承できる代わりに、遠方になってくるということも出てくるでしょう。自宅の近くに墓を構えることができれば、それだけ負担も減らすことができます。最近では、永代供養ということも対応してくれるところが増えており、ニーズにこたえることができるようなところを探すということも必要になってきましたその点でも、東京都であればさまざまな墓があり、遠くまで行かずに見つけることができるという利点もあるでしょう。

さまざまなニーズに対応するようになったこと

霊園ということでは、さまざまなニーズに対応できるところが重要です。東京都では、多くの人が暮らしていますが、それだけのニーズがあるということも背景にあります。自然があるところが良いということもありますし、アクセスに優れた場所が良いということも出てくるでしょう。さまざまな霊園があることから、こうした対応の広さも特色として持っています。霊園は、寺院墓地のように制限がそこまで厳しくありません。無宗教であっても利用することができるようになるため、多くの人が利用することができます。

特に東京都ということで考えれば、外国の人も多くなりました。仏教徒であることは少なく、他宗教ということがほとんどです。そういったことにも対応できるということを考えれば、東京都の霊園は幅広く受け入れる存在であると考えることもできます。環境的にも永住を考える人が増えてきています。そういった方々にとっても、大事なものになってきていることは間違いありません。実際に異なる宗教同士で結婚した場合に、既存の方法では墓に入ることができないといったことも出てきました。亡くなった後のことを考えれば、非常に寂しいことでしょう。現在の霊園であれば、こうした問題もクリアすることができるようになるでしょう。

将来残される家族のことも考える

お墓を探すということでは、将来的な負担ということを考慮していかなければいけません。自分が亡くなったとしたら、残された人に負担がかかることになるでしょう。これを考えた場合、遠く離れていない場所を探すということがあります。お墓参りがしやすくなるということもありますし、掃除などに行くときも負担を減らすことができるようになるでしょう。逆に高額になってしまうことも出てくるのが東京都のため、公営にして安価に入手するというのも方法です。特に東京都の場合には、郊外に民営が集中する傾向があります。これは、都市開発の速度が速く、民営の霊園を作りたくても作ることができず、郊外になっていったという背景がポイントです。ただし、民営でも利便性の良いところはありますので、しっかりと検討するようにしましょう。

東京都の場合、歴史的に大きな都市であったということもあります。古い寺院や墓地なども残されており、新しい霊園が参入しにくかったということもあるでしょう。こうした霊園の場合には、都市部と比べて競争力をあげるために安価に設定していることも多くみられます。公営の場合には、土地を確保できた代わりに価格はばらばらの上、非常に競争が激しいということを理解しておかなければいけません。競争倍率は高く、条件もしっかりしているため、事前に十分な検討が必要です。東京都の霊園は、価格の問題が大きく影響することは確かです。ですが、安くてもアクセスに困るようなことが出れば、将来的にお墓参りにもいくことができないようなことも出てきます。特に年齢が上がり、だんだんと足腰が弱くなってくると、場所によってはつらい思いをすることになるでしょう。現在のことだけではなく、将来の家族のことなども考慮して選ぶことができれば、廃れるようなこともないいいお墓にすることができるはずです。

関連キーワード

関連記事