お墓の豆知識や選び方

お墓の豆知識や選び方

お墓を選ぶときのポイント

日本では、お墓を建ててお参りをする文化が存在しており、所有していない人は、これから購入について考えると思いますが、一度建てたら長い間その場所で参ることになるので、できる限り後悔しない選び方をすることが大切になります。選び方として知っておきたいポイントはいくつか存在していますが、今回はその中でもいくつか紹介していきます。

まず、1つ目の選び方としては立地についてを確認することです。重要なポイントとしては、お墓参りのしやすさです。例えば、年齢を重ねると足腰が弱ってきたり、車を運転することができなくなったりなど、あまりにも離れた地域にあるとなかなか行けない場合もあります。年齢を重ねて通える所を選ぶためにも、アクセスのしやすさは重要になります。

例えば、寺院墓地なら住宅街に立地しているので、駅から近いところも存在していますし、アクセスがしやすい環境になっています。また、霊園によっては駅から送迎があるなど、通いやすい環境を作ってくれている所もあります。選ぶ時には、将来的なことも考えて立地について考えておくと良いでしょう。

続いて2つ目のチェックポイントは価格です。霊園などの立地について考えることは大切ですが、予算についてを考えることも重要になります。

例えば、必要になる費用としては、墓石費用や永代使用料、管理費などが存在しており、これらの費用は霊園によって異なることがあります。後悔をしないためにも、トータルでどのくらいの初期費用が必要になるのか、知っておく必要がありますし、年間の費用についても調べておくと安心です。

続いて3つ目のチェックポイントは、環境について考えることです。基本的に霊園によって環境は異なりますが、多くは、自然の中にあることがほとんどです。そのため、季節によって雨や雪、風などの影響を受ける場合もあります。そのため、選ぶ際にはまず日当たりや風通しが良いかどうかの確認をしましょう。日陰か日なたかによって環境が変わることもあり、風通しの良いところや日当たりが良いところなら、湿気がこもることはありませんし、手入れがしやすくなります。また、水はけなどに関しても重要になり、地盤が緩いところなどは、水がたまりやすいと言われています。水はけが悪いと、地下部に影響することがあり、劣化が早くなることもあります。

その他にも、害虫などについても考えておきましょう。例えば、蚊が多い場所は参りにくくなりますし、お墓の素材に木を使用している場合に、害虫がいると食べられてしまう場合もあります。環境のチェックは重要になるので、しっかりと見ておくと良いでしょう。このように、選び方としてはいろいろなポイントが存在しているので、後悔をしないためにも、細かい部分のチェックも必要になります。

お墓選びは石碑の種類についても理解しておこう

霊園を選んだあとは、石碑の種類なども選ぶことになりますが、石碑の選び方は重要なポイントとなります。実際に、種類は大きく分けると3つ存在しているので、今回は3つの種類についてを紹介していきます。

まず、1つ目は和型墓石ですが、これは江戸時代からあると言われているタイプで、日本の中でも古くから使われている石碑となっています。高さがあるので高級感もあり、伝統の美しい形になっています。日本で最も知られているタイプになるので、選択する人たちも多くなっています。

2つ目は洋型墓石ですが、これは昔から日本にあるタイプではなく、ヨーロッパの墓石を基にして作られているタイプになります。モダンタイプになっているので、これからの時代で人気が高まると言われている石材です。

その他にも3つ目はデザイン墓石が存在していますが、これは簡単に説明をすると、オーダーメイドで作ることができるタイプとなっています。例えば、和型墓石や洋型墓石のデザインで納得できないという人は、デザイン墓石を選ぶことで個性的なお墓を作り上げることができます。このように、お墓を選ぶときには石碑の種類も重要になるので、後悔しないためにも、こだわって選ぶようにすると良いでしょう。

石材の選び方について

お墓を選ぶ際には石碑を選択しますが、その後は石材を選ぶことになります。石材は大きく分けると2種類存在しており、国内産と外国産があります。これらの選び方にもこだわった方が良いので、今回はそれぞれの特徴について紹介をしていきます。

まず、国内産の石材を選ぶ場合ですが、国内産は石材の中でも最も耐久性に優れていると言われており、簡単なことでは破損をすることがありません。基本的にお墓は自然環境と同じように生活しなければなりませんが、自然環境には雨や風、などが存在しているので自然環境から身を守らなければなりません。国内産はこういった環境でも壊れることなく、身を守ることができます。続いて外国産ですが、これは価格が安いという特徴があり、トータルの費用で見ても外国産は安く済ませることができます。予算をそれほどかけられないという人は、外国産を選択すると良いでしょう。

関連キーワード

関連記事