お客様の声(霊園)

町田市 小笠原様 町田小野路霊園 「ローズガーデン」 2006年11月お申込み

お墓から葬儀まできめ細やかな対応に、ここにしてよかったといつも思っています。

reien-voice06

平成18年夏、父がまだ闘病中ではありましたが、母と相談してわが家のお墓探しを始めました。父は、自分がどういう所に眠るのか、お墓のデザインはどんなか、資金は心配ないか、というところまでしっかりと考える人でしたので、お墓についても知ってもらっておいた方がいいでしょう、との判断からです。父は常々愛犬と一緒に眠れる墓に入りたい、と言っていましたので、ペットも一緒のお墓をチラシを元に探しました。何カ所か見学しましたが、どれもしっくり来ず、そんな折り町田小野路霊園の「ペットもいっしょ」のチラシを見つけたのです。早速次の日に母とともに見学し、二人して即決しました。陽当たりがよくて開放的、森いっぱい、花いっぱい、霊園としても花を欠かさない姿勢が花好きの母に特に響いたようでした。当初1.4㎡を検討していましたが、どうせなら後悔しないよいものを選ぼうということになり、区画を2.0㎡に変更して、人とペットの2つの墓石が建つタイプにしました。私は理系の人間でデザインよりお墓の耐久性を重視。デザインはアパレル企業の役員だった母に任せて、石碑の石を日本の風土に合う国産材の真壁小目に決めました。お帳場(原石を切り出している場所)や加工の様子を見たい、という私のたっての希望を受けて、石材担当の方が茨城の工場まで同行してくださいました。私の家の棹石を研磨しているところをじっくり見せていただいて、非常に面白く貴重な体験をしました。

 

reien-voice06_02

 石碑が白系御影石でシンプルでしたので、拝石にカサブランカを彫刻しました。お墓にいつまでも枯れた花を置いておきたくない、ここに花を彫刻すればいつも綺麗、という母の意見を取り入れ、ちょうど庭に咲いていたカサブランカの写真から図案を起こしてもらいました。黒の拝石に白い花が映える素晴らしい出来に、写真を見た病床の父もとても喜んでくれました。その後7年の間に父も母も他界しましたが、二人とも霊園の葬祭部に葬儀をお願いしました。特に母の時には、突然のことで動転していた私をスタッフの橋本さんがよくサポートして下さって、母の大好きなカサブランカの生花祭壇が仕上がった時には本当に感激しました。父が亡くなってから、母がお参りするときにはいつも笑顔で迎えて下さって、足を怪我した時には車椅子を押して墓前まで連れていってくださったりなど、霊園のスタッフの皆さんとの温かい交流があったからこそのサポートで、当日私はスタッフの皆さんに進行はお任せして、安心して母を見送ることができました。これからもよろしくお願いします。

藤田勝蔵様(父) 浩一郎様(長男) 誠二郎様(次男) 町田小野路霊園 「やすらぎ」区 2012年9月お申込み

桜も緑も管理棟も設備も、すべてが気に入っています。

reien-voice07

小野路霊園を見学されるきっかけから伺えますか?

誠二郎様
「最初はホームページで緑山霊園を見つけました。見学したところ緑が多く環境もよかったので、ほぼ決めかけていたのですが、再度検索したら、町田小野路霊 園のローズガーデンが出てきたんですね。同じ系列の霊園で、亡くなった母が花が好きだったので、緑山霊園の担当の方に案内をお願いしました。ホームページ の動画座談会も見て、利用されている方たちの生の声を聞けたのもよかったです。 」勝蔵様そう、わざわざ自宅まで資料や書類を届けに来てくれたのは、鳳友さんだけだったから、とても誠意を感じたね。家から歩いていける霊園もいくつか見 たけれど、ここがよかった。」
浩一郎様
「結局ローズガーデンではなく、やすらぎ区の壁がついているタイプを選びました。母の兄弟たちも年をとってきているし、足腰が弱くなっても、駐車場からすぐでお参りしやすいところがよいだろうと思いまして。」
誠二郎様
「桜もたくさん植わっていて、緑も多くて、全員一致で気に入りました。両脇に緑のゆとりがついているだけでなく、煉瓦の壁で後ろともくっついていないのが よかった。ほかの霊園はよいところもあれば、悪いところもあるのですが、小野路霊園はマイナス面が一つも見あたりませんでした。」

石碑のデザインを決めるときのポイントは何かありましたか

浩一郎様
「私は和風、弟は洋風が好みだったのですが、CGをいろいろ見せていただいている中で、デザイン墓のイメージイラストがとても気に入ったんです。それは、 墓石を2種類組み合わせたカラーオーダーで、黒と赤の色合いが背景の煉瓦とよくマッチして、立体的に見える絶妙のデザインでした。赤を引き立たせるために 黒の分量を多くしたので、結果的に費用は高くなったけれど、気に入ってます。」
誠二郎様
「文字の彫刻もサンドブラストにして、浮き立ってみえるようにしました。いろいろこだわりましたが、結果とても満足しています。」
勝 蔵 様
「まもなく1年祭で、そのときに納骨する予定ですが、親戚一同にもぜひ見てもらいたいお墓です。私は戦時中に図師町に下宿して相模原造兵廠に通っていたので、このあたりの土地にはご縁があったのだなと感じています。」

先日のエンディングノートセミナーにも皆さんでご参加いただいていましたね。

浩一郎様
「身近で人を亡くすと、いろいろ考えなくてはならないことがあります。元気な時にはそんなこと思いもしないし、自分のことだったら、誰かが後をやってくれるだろうなどと思いますけれど、母を見送ってからは実感として準備しとくべきだと思いましたね。とても参考になる内容で、参加してよかったです。」
誠二郎様
「管理棟もしっかり、設備もしっかりしていて、お墓も葬儀も一社で面倒見てくれるところが特にいい。他にも仏具の買い替え、手配などの相談にも乗ってくれて助かりました。これからも安心して頼れます。 」

お忙しい中ご協力いただき、ありがとうございました。

町田市 中尾 巧様 町田小野路霊園 「やすらぎ」区 2011年7月お申込み

お墓の造りも施設もゆとりにあふれ、緑豊かな環境が気に入りました。

reien-voice04-02

2010年に妻を亡くし、住み慣れた愛知県から娘夫婦の住む町田市に永住することを決断したことで、妻のお墓を探して10ヶ所以上の霊園を見学しました。小野路を訪れたのも娘家族と霊園巡りをしている時で、看板を見つけて立ち寄ったのがきっかけでした。直前に見学した霊園では、嫌がってしきりと帰りたがっていた孫が、駐車場を降りて開口一番「じいじ、ここがいい!」と明るい声で言ったんです。開放感があり、自然の緑が豊かな園内を見て、私も心がぱっと明るくなったような気がしました。小野路霊園は区画ごとに趣が違いますが、私は、満開の桜が間近で眺められる「やすらぎ」を選びました。隣の青山学院の野球場から練習する声が聞こえてきて、静かだけれど寂しくなく、交番もすぐ近くにあって管理面でも安心だと思いましたし、お墓とお墓の間のゆとりに花や草木が植わって、明るく綺麗なのも気に入りました。お参りしていても、いつもお掃除の方がいてくださって、水回りも気持ちよく整っているし、清掃が行き届いているのは亡くなった妻がとても綺麗好きであったことからありがたい、と感じますね。

 

reien-voice05

 石碑には娘家族と2世帯の名前を刻んで、花好きだった妻の想いが反映されるように、「胡蝶蘭」の花と「以心伝心」という言葉を彫ることにしました。1cm単位の細かい注文をつけて彫刻の位置にこだわりましたが、小野路霊園のスタッフの皆さんに丁寧に対応していただき、娘夫婦も私も満足のいくお墓ができあがりました。  私は昨年8月に引っ越ししてからは毎週1回はお参りしておりますが、ゆっくりできる休みの日には、お弁当持参で孫と一緒にお参りした後、園内にある広場で2時間ばかり野球やサッカーをして遊びます。孫も小野路霊園が大好きで、スタッフの皆さんにも可愛がって頂いています。

町田市 楢府 通弘様 町田小野路霊園 「せせらぎ」区 2012年1月お申込み

先祖代々のお墓を改葬するにあたって、ほんとに親身に相談に乗ってくれました。

reien-voice05-02

栃木にある先祖代々のお墓をいずれは近くに移したいと思っていましたが、具体的なことはまだ先かな、とのんびり構えていました。府中に住む姉が小野路霊園の前の街道をよく通っていて、ここに霊園があると教えてくれていましたので、いつか見に行ってみようと思っていたのですが、たまたま去年の1月3日、お天気もよかったし、女房と二人でぶらっと寄ってみたんです。第一印象が素晴らしくよかった。車で10分という近さはもちろん、明るく温かみがあって、緑の山も美しく、和やかで健やかな気分になれたのです。今もそうですが、ここにお参りに来ると実家にきたような気持ちになります。見に来る前は決めるつもりはなかったのですが、その日に即決しました。一目惚れに近いですね。

reien-voice04

 小野路にお墓を決めてから、あちこちのお墓を見て回りました。でも、小野路霊園を越えるところはなかったですよ。日当たりよくて、静かで平坦地、言葉にするとそんなところになりますが、ほんとに気持ちがよくて、ここに来るのが大好きなんです。当初は、栃木のお墓を全部持ってくるつもりでしたので、担当の山本さんに石碑を持ってくるか、こないか、自分の迷いを伝えました。山本さんは移送の見積もりから移築した時のイメージ図まで作って、何度も何度も嫌な顔せずに本当によくやってくれました。栃木にはお墓が5つあって、何百年も続く先祖代々のお墓だったので、思い入れも深くて、それに自分の代でお墓を移すのはご先祖様に申し訳ない、という気持ちもありましたので、ぜひとも石碑を全部移したかったんです。でも、移送費が高くついたのと、移築した後のイメージ図を見るとあまりに窮屈そうだったので、移築を断念し、新しい石碑をすっきり建てようと決心しました。お墓を建てるにあたっては、特に燈籠と紋、舟形塔婆にこだわりました。おかげさまでイメージに近いものができあがり、開眼供養に集まった親戚は皆、立派なお墓が建ったと喜んでくれました。

相模原市 小林様 町田小野路霊園「せせらぎ」区 2006年3月お申込み

reien-voice10

まじめな仕事ぶりと実直な人柄で慕われてきた父が亡くなったのは、平成18年2月のことでした。お墓探しをしている最中目に飛び込んできたのが町田小野路霊園のチラシでした。よくよく見ると、父が勤めていた、そして私達も父の手伝いで何度も足を運んだ小野路町の元服部セイコーの総合グラウンドが緑豊かな公園墓地になっていたことがわかり、家族揃って見学に出かけました。家族の思い出の場所であったことに加え、丘陵地帯にありがちな段々畑のような墓地と違い、広々としたフラットな敷地にすっきりと区画が整備されているのを見て、『ここしかない!』と家族全員の同意のもと申し込むことにしました。高齢者に配慮した造りになっているので、母も息を切らせてきつい坂や階段を上り下りすることなく、気持ちよくお墓参りが出来ると喜んでいます。管理人を務めていた父は、この所縁ある小野路の地で私達家族を見守ってくれていることでしょう。